設備使用

本所(茨城町)

窒素自動分析装置

DK20(分解装置)

  • 設定温度:室温-450℃
  • 温度精度:±2℃/400℃
  • 同時処理:20本
  • 表示 実際温度/分析残り時間

UDK142(蒸留・滴定装置)

  • 希釈水:0-200ml(自動)
  • アルカリ分注:0-200ml(自動)
  • 蒸気量調整:可変
  • 蒸留時間設定:2-30分又は連続
  • 分析プログラム:20種までメモリー可能
メーカー・型式
(株)アクタック DK20(分解装置)
(株)アクタック UDK142(蒸留・滴定装置)
用途
食品中に含まれる窒素含量の測定(窒素-たんぱく質換算係数を利用してたんぱく質含量を計算することが可能)
設置場所

本所(茨城町)

設備区分
試験区分

食品の分析、試験等

利用目的

食品の成分を分析したい

導入年度
平成14年度
備考
電源立地地域対策交付金事業

依頼試験・設備使用時の料金について

利用方法

区分

単位

金額(円)

依頼試験

窒素分析

1試料・1成分

2,640

問合せ先

フード・ケミカルグループ

〒311-3195 茨城県東茨城郡茨城町長岡3781-1

TEL:029-293-7497  FAX:029-293-8029