設備使用

本所(茨城町)

炭素硫黄分析装置

  • 検出方法:赤外線吸収方式
  • 分析範囲(炭素,硫黄)
    CS600:0.6ppm~6%,0.6ppm~4%
    SC-144DR:50ppm~100%,5ppm~26%
  • JIS Z 2615(金属材料の炭素定量方法通則)等に適合している分析装置
  • 管状炉については、400℃~1350℃で任意の温度に炉内温度を設定可能
メーカー・型式
Lecoジャパン合同会社 CS600,SC-144DR
用途
金属や鉱石、セラミック等材料中の炭素及び硫黄成分について、高周波炉を用いた赤外線検出器により分析
設置場所

本所(茨城町)

設備区分

物性試験・薄膜作成等機器

試験区分

分析

利用目的

材料の成分を分析したい

導入年度
平成23年度
備考
地域活性化交付金(きめ細かな交付金)

依頼試験・設備使用時の料金について

利用方法

区分

単位

金額(円)

依頼試験

定量分析 炭素硫黄分析装置によるもの

1試験・1測定

4,510

設備使用

炭素硫黄分析装置

1時間

2,760

問合せ先

フード・ケミカルグループ

〒311-3195 茨城県東茨城郡茨城町長岡3781-1

TEL:029-293-7497  FAX:029-293-8029