設備使用

本所(茨城町)

マイクロ波加熱分解装置

搭載出力:1800W パルス波と連続波の切り替えが可能
以下の3種のローターを所持しております。

  1. 汎用性分解容器(HPR 1000/10)
    環境・食品等の有機物から金属,鉱物などの無機物まで幅広く対応できます。
  2. 難分解性物質分解容器(MR-8(NOVA-8))
    長時間の高温処理が可能なローターです。特に難分解性無機物(炭化ケイ素,金属酸化物,鉱物,耐火材)の酸分解処理に用います。
  3. 石英容器(Q-16)
    食品や生体サンプル等の低温分解時に使用します。容器が高純度石英のため容器からの汚染を抑制できます。

 

表 各ロータースペック詳細

1. 汎用性分解容器
(HPR1000/10)
2. 難分解性物質分解容器
(MR-8(NOVA-8))
3. 石英容器
(Q-16)
同時分解本数(本) 1~10 1~8 4~8
最大温度(℃) 250 300 250
最大圧力(bar) 55 100 40
最低液量(ml) 8 12 3
最大液量(ml) 50 15 20
容器容量(ml) 100 75 45

分解条件につきましては約350種の条件を収録しております。収録外の物質につきましてはご相談ください。

メーカー・型式
マイルストーンゼネラル ETHOS-One
用途
化学分析機器での定量測定のための試料前処理に用います。 (溶液中の元素の定量分析の前処理として,固体試料の溶液化を行います。)
設置場所

本所(茨城町)

設備区分

物性試験・薄膜作成等機器

試験区分

分析

利用目的
導入年度
平成26年度
備考
公益財団法人JKA補助事業 機械工業振興補助事業
※この事業は,競輪の補助を受けて実施した事業です。

依頼試験・設備使用時の料金について

利用方法

区分

単位

金額(円)

依頼試験

前処理 マイクロ波加熱分解装置によるもの

1試料;6,380

設備使用

マイクロ波加熱分解装置

1時間

2,640

問合せ先

フード・ケミカルグループ

〒311-3195 茨城県東茨城郡茨城町長岡3781-1

TEL:029-293-7497  FAX:029-293-8029