設備使用

本所(茨城町)

ケルダール窒素分析装置

分解装置

  • 最大同時分解本数:20本
  • 分解チューブサイズ:Φ42×298mm
  • 設定温度上限:450℃
  • 温度精度:±0.5℃以内
  • 温度プログラム:20個の温度プログラムが設定可能
  • 温度ステップ:4段階設定可能
  • 電源:単相200V, 30A

蒸留・滴定装置

  • 動作:蒸留・滴定・結果計算の一連の動作を自動で実施
  • 滴定方式:比色法
  • 測定レンジ:0.1mgN~200mgN
  • ディスプレイ:日本語で表示。本体の表示パネルにて機器を操作可能
  • 結果:分析終了時に窒素%,蛋白%,滴定量が自動で計算
  • 電源:単相200V, 30A
メーカー・型式
分解装置:VELP DK20
蒸留・滴定装置:アクタック 1500型
用途
食品中の窒素含量測定(係数を乗じることでタンパク質量への換算が可能)
設置場所

本所(茨城町)

設備区分
試験区分
利用目的

食品の成分を分析したい

導入年度
平成28年度
備考
現在設備使用で開放しておりません。

依頼試験・設備使用時の料金について

利用方法

区分

単位

金額(円)

問合せ先

フード・ケミカルグループ

〒311-3195 茨城県東茨城郡茨城町長岡3781-1

TEL:029-293-7497  FAX:029-293-8029