設備使用

笠間陶芸大学校(笠間市)

低温恒温恒湿器

  • 温度制御可能範囲:-40~100℃
  • 湿度制御可能範囲:20~98%RH
  • 温湿度分布:±0.5℃,±3%RH
  • 温湿度変動幅:±0.3℃,±2.5%RH
  • 内法寸法:700×950×700mm
メーカー・型式
(株)楠本化成 温湿度試験器 FX421P
用途
石材の吸水試験、瓦や陶磁器質タイルの耐寒試験など、低温から室温(約-20℃~20℃)で温度と湿度を一定に保持する必要のある試験に用いる。
設置場所

笠間陶芸大学校(笠間市)

設備区分
試験区分

窯業試験

利用目的

材料・製品の劣化耐久性を調べたい

導入年度
平成7年度
備考

依頼試験・設備使用時の料金について

利用方法

区分

単位

金額(円)

依頼試験

吸水試験

1件

670

依頼試験

耐寒試験

1件

4,150

問合せ先

窯業技術グループ

〒309-1611  茨城県笠間市笠間2346-3

TEL:0296-72-0316 FAX:0296-72-3027