設備使用

繊維高分子研究所(結城市)

熱拡散率・熱伝導率測定装置

  • 使用温度:室温
  • 試料の大きさ:半径10mmφ以上(25mm角程度あればより良い)
  • 最適厚みは材質による(樹脂は20μm~0.5mm程度)
  • 測定可能な熱拡散率の範囲:0.1~1000[×10-6m2/s]
  • 測定手法:周期加熱放射測温法 ・冷却方式:液体窒素
メーカー・型式
株式会社ベテル サーモウェーブアナライザTA31
用途
試料の熱拡散率を測定する。 比較的,薄板の測定に適している。
設置場所

繊維高分子研究所(結城市)

設備区分

試験機器類 (繊維・プラスチック)

試験区分

試験又は分析 (繊維・プラスチック)

利用目的

材料の物性値(強度や硬さ等の機械特性等)を測定したい

導入年度
平成27年度
備考
ご注意:設備使用の場合、冷却のための液体窒素をご用意ください。

依頼試験・設備使用時の料金について

利用方法

区分

単位

金額(円)

依頼試験

熱拡散率・熱伝導率測定

1試料

7,040

設備使用

熱拡散率・熱伝導率測定装置

1時間

3,740

問合せ先

高分子材料グループ

〒307-0015 茨城県結城市鹿窪189

TEL:0296-33-4154 FAX:0296-33-2953