設備使用

繊維高分子研究所(結城市)

熱分析装置

DSC

  • 温度範囲:-90~550℃(電気冷却装置付き)
  • 試料量:10mg程度

TG-DTA

  • 温度範囲:室温~1500℃
  • 試料量:10mg程度

TMA

  • 温度範囲:室温~1000℃または-70~400℃(電気冷却装置使用時)
  • 測定種類:膨張,圧縮,引張,3点曲げ,針入
メーカー・型式
高感度示差走査熱量計(DSC):Q2000(TAインスツルメンツ社製)
示差熱重量同時分析装置(TG-DTA):Q600(TAインスツルメンツ社製)
熱機械分析装置(TMA):Q400EM(TAインスツルメンツ社製)
用途
材料の融点や結晶化温度等,加熱・冷却による状態変化を測定
設置場所

繊維高分子研究所(結城市)

設備区分

試験機器類 (繊維・プラスチック)

試験区分

試験又は分析 (繊維・プラスチック)

利用目的

材料の物性値(強度や硬さ等の機械特性等)を測定したい

導入年度
平成27年度
備考

依頼試験・設備使用時の料金について

利用方法

区分

単位

金額(円)

依頼試験

熱分析

1試料・1時間

4,510

設備使用

熱分析装置

1時間

3,520

問合せ先

高分子材料グループ

〒307-0015 茨城県結城市鹿窪189

TEL:0296-33-4154 FAX:0296-33-2953