次世代技術活用ビジネスイノベーション創出事業(内閣府地方創生推進交付金事業)
ビジネスモデルを構築する研修を行います

新たなビジネスにチャレンジしてみませんか!?
ビジネスモデルは「儲ける仕組み」と言われています。
誰に、何を、どうやって提供するのか、パートナーは誰か。利益はどうするのかなどを考えてビジネスモデルを構想することは大切です。また、高度なデジタル技術の普及が進む中、その活用が新たなビジネスモデルの可能性を広げます。
本事業では、デジタル技術の活用アイデアやスキル向上、実施的なビジネスモデル構築、研究会活動やプロトタイプ支援などの機会を提供いたします。
構築したビジネスモデルをプラン化し、プラン審査会を経て次年度に実証検証を行います。
デジタル技術を学ぶ研修
IoT・AI人材育成研修 (詳細はこちら
7月

8月
予定

新しいビジネスアイデアの有効なツールとなるデジタル技術を中心とした研修
受講者に合わせた3つのコース
  • 経営者
デジタル技術を使うとどのようなビジネスの可能性があるのかを知る
  • 企画者
デジタル技術を使ったビジネスアイデアを組み立てていく
  • エンジニア
IoTやアプリ開発の実技研修

最終日はワークショップ形式のアイデアづくり
ビジネスモデルとプランづくりをする実践的な研修
ビジネスプラン構築研修
9月

1月
予定

アイデアを事業に変えるシナリオ作り
新規事業を立ち上げようと考えている方,事業アイデアを明確化したい方,第二創業や起業を考えてる方などにおすすめします。
  • 事業化/起業支援のプロによる伴走支援
  • ビジネスを考える際の基本的な思考プロセスや資料作成などの実践的な学び
  • 他業種とのグループワークによる新たな発見

作成したプランは審査へ進みます

統括プロデューサーの審査
上記の取組を通じて作成したビジネスプランを統括プロデューサーが事前審査します。
ビジネスプラン審査会
(2月予定)
統括プロデューサーの事前審査を経て絞り込まれたビジネスプランを審査し,翌年度に実証する案件を選定します。

(3件程度 令和3年度予定)
ビジネスプラン実証
(令和2年度は最大500万円支援)
ビジネスモデルのグループ活動
AI・ビジネスモデル研究会
通年

デジタル技術で何かを解決したい企業と,デジタル技術を有する企業とで,ビジネスモデルを検討
スペース利用無料
コワーキングスペース
通年

ビジネスモデルやデジタル関連の講演やセミナーを開催
Wi-Fi環境,3Dプリンター,レーザーカッター,フォト用ライトなどの設備が利用可能 (機器により有料となります)

詳細はこちら
コワーキングスペースに週2日
専門相談員
通年

ビジネスのアイデア整理や試作アプリ,モックアップなどのプロトタイプ支援などに対応
詳細はこちら
問合せ
茨城県産業技術イノベーションセンター
新ビジネス支援グループ

茨城県東茨城郡茨城町長岡3781-1
電話番号:029-293-7495(グループ直)
http://www.itic.pref.ibaraki.jp/