Google
WWW を検索 itic.pref.ibaraki.jp を検索
 |  | 



ホーム > 刊行物 > 技術情報誌SUKE3KAKU3


 

[刊行物トップに戻る]
※平成22年度をもって「事業案内編」以外の発行を終了しました。今後,最新の技術情報等はメールマガジンで配信いたします。
一部のコンテンツは、PDFファイルとなっております。
PDFファイルを見るためのソフトが必要な方は、こちらのサイトをご覧ください。



令和元年度
事業案内編

2019年5月
(令和元年度)
P1
ご挨拶
P2
1.先導的研究
P3
2.ビジネス創出支援,コワーキングスペース
P4
3.技術支援(依頼試験,設備使用,共同研究等)
P5
4.人材育成
P6
組織のご紹介
P7
組織のご紹介
P8
アクセスとお問い合わせ先,連携促進,情報提供
ダウンロード(2.5MB)

平成30年度
事業案内編

2018年7月
(平成30年度)
P1
着任のご挨拶  茨城県産業技術イノベーションセンター長 大力 賢次
P2
■産業技術イノベーションセンターが進める研究開発など(研究テーマ)
P3
■企業の人財育成のお手伝いをします(人材育成)・センター年間スケジュール
P4
■企業ニーズに対応した新たな取組や交流促進,連携のお手伝い(受託研究/研究会/連携促進)
P5
■依頼試験・設備使用のご利用について
P6
■困ったときの相談先
P7
■困ったときの相談先
P8
■各機関へのアクセスとお問い合わせ,情報提供
ダウンロード(1.9MB)

平成29年度
事業案内編

2017年4月
(平成29年度)
P1
頼られるセンターとして,いばらき産業大県を力強く支援
茨城県工業技術センター長 武者 也寸志
P2
■企業の人財育成のお手伝いをします。(人材育成)
P3
■工業技術センターが進める研究開発など(研究テーマ)
P4
■企業ニーズに対応した新たな取組や交流促進,連携のお手伝い(受託研究/研究会/連携促進)
P5
■依頼試験・設備使用のご利用について
P6
■困ったときの相談先
P7
■困ったときの相談先
P8
■各機関へのアクセスとお問い合わせ,情報提供
ダウンロード(1.4MB)

平成28年度
事業案内編

2016年4月
(平成28年度)
P1
人財育成の加速化による,いばらき産業大県の強化支援
 茨城県工業技術センター長 武者 也寸志
P2
■企業の人財育成のお手伝いをします。(人材育成)
P3
■工業技術センターが進める研究開発など(研究テーマ)
P4
■企業ニーズに対応した新たな取組や交流促進,連携のお手伝い(受託研究/研究会/連携促進)
P5
■依頼試験・設備使用のご利用について
P6
■困ったときの相談先
P7
■困ったときの相談先
P8
■各機関へのアクセスとお問い合わせ,情報提供
ダウンロード(1.4MB)

平成27年度
事業案内編

2015年4月
(平成27年度)
P1
人財育成を通じて,いばらき産業大県のさらなる発展 茨城県工業技術センター長 武者 也寸志
P2
■工業技術センターが進める研究開発など(研究テーマ/調査研究)
P3
■工業技術センターが進める研究開発など(研究会/人材育成)
P4
■工業技術センターが進める研究開発など(受託研究/連携促進/研究成果の発表/情報提供)
P5
■依頼試験・設備使用のご利用について
P6
■困ったときの相談先
P7
■困ったときの相談先
P8
■各機関へのアクセスとお問い合わせ
ダウンロード(2.1MB)

平成26年度
事業案内編

2014年4月
(平成26年度)
P1
いばらき産業立県の発展を支援 茨城県工業技術センター長 武者 也寸志
P2
■工業技術センターが進める研究開発など(研究テーマ/調査研究)
P3
■工業技術センターが進める研究開発など(研究会/人材育成)
P4
■工業技術センターが進める研究開発など(受託研究/連携促進/研究成果の発表/情報提供)
P5
■依頼試験・設備使用のご利用について
P6
■困ったときの相談先
P7
■困ったときの相談先
P8
■各機関へのアクセスとお問い合わせ
ダウンロード(2MB)

平成25年度
事業案内編

2013年4月
(平成25年度)
P1
就任のご挨拶
P2
■工業技術センターが進める研究開発など(研究テーマ/研究会/成果発表)
P3
■工業技術センターが進める研究開発など(技術相談/依頼試験/設備使用/人材育成)
P4
■工業技術センターが進める研究開発など(受託研究/連携促進/情報提供)
P5
■依頼試験・設備使用のご利用について
P6
■困ったときの相談先
P7
■困ったときの相談先
P8
■各機関へのアクセスとお問い合わせ
ダウンロード(14MB)

平成24年度
事業案内編

2012年4月
(平成24年度)
P1
-課題解決には,まず工業技術センターへ- センター長 桑島秀純
P2
■工業技術センターが進める研究開発など(研究テーマ/受託研究/成果発表)
P3
■工業技術センターが進める研究開発など(技術相談/依頼試験/設備使用/人材育成)
P4
■工業技術センターが進める研究開発など(研究会/連携促進/情報提供)
P5
■依頼試験・設備使用のご利用について
P6
■困ったときの相談先
P7
■困ったときの相談先
P8
■各機関へのアクセスとお問い合わせ
ダウンロード(6.0MB)

平成23年度
事業案内編

2011年4月
(平成23年度)

P1
-課題解決には,まず工業技術センターへ- センター長 桑島秀純
P2
■工業技術センターが進める研究開発など(研究テーマ/受託研究/成果発表)
P3
■工業技術センターが進める研究開発など(技術相談/依頼試験/設備使用/人材育成)
P4
■工業技術センターが進める研究開発など(研究会/連携促進/情報提供)
P5
■依頼試験・設備使用のご利用について
P6
■困ったときの相談先
P7
■困ったときの相談先
P8
■各機関へのアクセスとお問い合わせ
ダウンロード(1.5MB)

vol.13
工業・食品綴

2011年2月
(平成22年度)

P1
工業技術センターの成果発表会を開催します。
P2
支援事例紹介【工業編】
P3
支援事例紹介【食品・地場編】
P4
研究事例紹介
P5
研究事例紹介
P6
研究事例紹介
P7
平成21年度整備機器の紹介
P8
お知らせ
ダウンロード(3.2MB)

平成22年度
事業案内編

2010年4月
(平成22年度)

P1
-問題解決には,まず工業技術センターへ- センター長 桑島秀純
P2
■ご利用頂けるサービス 技術相談,依頼試験・設備利用・受託研究・共同研究・研究会
P3
■ご利用頂けるサービス 情報提供,人材育成
P4
■工業技術センターが進める研究開発など
P5
■依頼試験・設備使用のご利用について
P6
■困ったときの相談先
P7
■困ったときの相談先
P8
■各機関へのアクセスとお問い合わせ
ダウンロード(9.8MB)

vol.12
工業・食品綴

2010年7月
(平成21年度)

P1
EMC設備新設中です!
P2
支援事例紹介【工業編】/設備機器のご紹介
P3
支援事例紹介【食品編】
P4
支援事例紹介【プラスチック編】
P5
プロジェクト研究
P6
トピックス
P7
海外の動向
P8
お知らせ
ダウンロード(6.1MB)

vol.11
工業・食品綴

2009年7月
(平成21年度)

P1
つくばロボットフォーラム2009に参加しました。
P2
技術解説(工業関係)
P3
技術解説(食品関係),ご案内(依頼試験)
P4
製品化・技術開発事例
P5
研究のご紹介(重点研究,経常研究)
P6
人材育成研修(工業系)
P7
人材育成研修(工業系,食品系),平成20年度整備機器の紹介
P8
お知らせ
ダウンロード(3.7MB)

平成21年度
事業案内編

2009年
(平成21年度)

P1
ご挨拶「活力あるいばらきづくり」サポートへ  センター長 桑島秀純
P2
■ご利用頂けるサービス 技術相談,依頼試験・設備利用
P3
■ご利用頂けるサービス 受託研究,共同研究,情報提供,人材育成
P4
■困ったときの相談先
P5
■困ったときの相談先
P6
■工業技術センターが進める提案型業務など 大型プロジェクト,重点研究,経常研究
P7
■技術支援のハブ機関を目指します 企業との交流,各種窓口のご紹介
P8
■各機関へのアクセスとお問い合わせ
ダウンロード(4.3MB)

vol.10
工業・食品綴

2009年1月
(平成20年度)

P1
「緊急提案 この危機を乗り越えるために」
P2
「緊急提案 この危機を乗り越えるために」
「茨城県メンテナンスビジネス研究会」の活動が進んでいます
P3
各部のトピックス・後期
P4
H20年度終了の重点研究
P5
H20年度終了の重点研究
P6
外部資金事業による研究紹介
P7
H20年度の共同研究事例
P8
外部資金事業を利用して一緒に研究をやりませんか。
平成21年度 共同・受託研究の募集案内
【お知らせ】工業技術センター成果発表会
ダウンロード(4.9MB)

vol.9
工業・食品綴

2008年7月
(平成20年度)

P1
「茨城県メンテナンスビジネス研究会」を設立します
P2
大型プロジェクト紹介II(仮設足場を不要とする遠隔操作式化学プラント配管劣化診断システムの開発、茨城マグネシウム工業会 本格始動!、マグネシウム合金板材の塑性変形性の向上とプレス成形特性)
P3
各部門のトピックス(ツキ板を利用した透光型建具の開発について、3次元回転培養装置の自動制御システム、環境エネルギー分野での新技術)
P4
依頼試験の紹介(材料強度試験、解析シミュレーション、耐候・耐光試験、細菌試験)
P5
技術相談の事例紹介
P6
技術支援事例・商品化事例
P7
H19年度に購入した機器の紹介
P8
平成19年度出願の知財の紹介/人材研修募集/お知らせ
ダウンロード(7.2MB)

H20年度
事業案内編

2008年
(平成20年度)
P1
御社の開発の次の一歩は,まず工業技術センターへ ~技術支援のハブ機関を目指して~ センター長 藤沼良夫
P2
ご利用頂けるサービス 技術相談,依頼試験・設備利用
P3
ご利用頂けるサービス 受託研究,共同研究,情報提供,人材育成
P4
困ったときの相談先
P5
 〃
P6
工業技術センターが進める提案型業務など 大型プロジェクト,重点研究
P7
工業技術センターが進める提案型業務など 経常研究,いばらき研究開発推進事業への参画,企業との交流
P8
各機関へのアクセスとお問い合わせ
ダウンロード(5.1MB)

vol.8
工業・食品綴

2008年1月
(平成19年度)

P1
茨城マグネシウム工業会が発足/平成19年度工業技術センター成果発表会のご案内
P2
難加工材の3次元精密順送プレス技術の開発/曖昧さを含んだ目視検査の自動化技術に関する研究
P3
太陽光による米菓の成分変化等に関する研究
P4
平成17,18年度の共同研究フォロー調査結果/TIG溶接部の画像検査技術に関する研究
P5
μ-TASを応用した肝機能センサ用の携帯型測定結果表示装置の開発/金属リング加工品検査の自動化
P6
光触媒薄膜の耐久性向上/低グルテリン米 「春陽 」を原料とする清酒試験醸造
P7
酵母の開発/遮光カートンの性能評価及び製品化の検討
P8
精密に形状を測定いたします/電気機器から発する電磁波を測定いたします/電子メールニュースを配信中/WEBサイトを刷新
ダウンロード(836.5KB)

vol.7
工業・食品綴

2007年7月
(平成19年度)

P1
電子メールニュースの配信を開始,組込技術コミュニティ形成に向けて
P2
共同研究事例の紹介(画像処理技術で不審者を発見,マグネシウム加工の遠隔監視,溶接部の検査方法を改善し誤判定が減少,医療用極細チタン線の表面仕上げ)
P3

大型プロジェクトの紹介(中性子利用による保温材下の塔及び配管の表面錆検査装置開発,茨城マグネシウムプロジェクト第2ステージ)

P4
H19から始まる重点研究の紹介(画像処理技術の組込分野への応用に関する研究,現場簡易分析手法の研究)
P5
〃(県農産品の機能性成分の調査研究,有色素大豆加工に適した納豆菌の開発)
P6
技術支援事例・商品化事例(天然木による木のクラフト紙,EMC技術による製品開発支援,あんこう鍋の商品化,きびそを使ったソフトウォールの商品化)
P7

H18年度に購入した機器の紹介

P8

H18年度出願の知財の紹介,人材研修の募集,受託共同研究の募集結果について

ダウンロード(307.5KB)

H19年度
事業案内編

2007年
(平成19年度)

P1
技術支援のハブ機関を目指して センター長 藤沼良夫
P2
ご利用頂けるサービス 技術相談,依頼試験・設備利用
P3

(   〃   ) 受託研究,共同研究,情報提供,人材育成

P4
困ったときの相談先
P5
 〃
P6
工業技術センターが進める提案型業務など 大型プロジェクト,重点研究
P7

工業技術センターが進める提案型業務など 経常研究,いばらき研究開発推進事業への参画,企業との交流

P8

各機関へのアクセスとお問い合わせ

ダウンロード(1.3MB)

vol.6
工業・食品綴

2007年1月
(平成18年度)

P1
工業技術センターが出前による発表をしています/茨城マグネシウムプロジェクト展示会出展&受注商談を実施中
P2
専門のスタッフがご相談をお待ちしております(食品系部門の紹介)
P3

H18年度終了の重点研究 μ-TASに関する研究(H16-H18)・発酵食品の品質に与える影響要因(原料)に関する研究(H16-H18)

P4
H18年度からの重点研究のご紹介 化学プラント劣化診断技術の研究(H18-H19)・曖昧さを含んだ目視検査の自動化技術に関する研究(H18-H19)
P5
H18年度からの重点研究のご紹介 マグネシウム合金板材の塑性変形の向上とプレス成形特性に関する研究(H18-H20)・有用微生物の分子生物学的解析に関する研究(H18-H20)
P6
H17年度共同研究成果 癒しの照明-癒灯-・踏んで使うゲームコントローラー・電波測定暗室の性能を改善・乳酸菌HS-1を使うと旨味が増えます
P7
H17年度共同研究成果 芋焼酎のもろみを利用した飲料/支援事例 入手不可能な部品の代替回路開発・極薄セラミックスシート・健康志向のハンバーグ
P8
H18年度 トピック/依頼試験・設備使用のご紹介-化学編-/リサイクル性の高いパルプモールド商品の開発/摂取しやすい機能性キノコ飲料の開発/当センター支援事例3件デザインセレクションに選定/特許活用のご案内
ダウンロード(347KB)

vol.5
工業・食品綴

2006年7月
(平成18年度)

P1
ものづくりオープンセミナー工業技術センターの新方針と成果を発表しました/企業に密着した研究を始めています H18年度共同・受託研究の募集結果
P2
専門のスタッフがご相談をお待ちしております(工業系部門の紹介)
P3

  〃  

P4
H17,18 年度事業(茨城マグネシウムプロジェクト)/H17年度事業(地場産業連携促進事業-癒しや安らぎのある空間)(地域食品デザイン活用事業-農産加工品をプロデュース)
P5
H17年度共同研究成果(従来比5 倍の光触媒/局部へのX線を自動でシャット/真空管アンプと笠間焼のコラボレーション/「梅」から得られた清酒酵母)
P6

H17年度支援事例(製品開発 決め手はEMC対策/有害元素の分析には微小蛍光X線分析装置/開発!ゴニオメーター!/ミルキークイーンでお煎餅)

P7

H17年度に購入した機器の紹介(微小蛍光X 線分析装置/可視用振動分光装置/集束イオンビーム加工観察装置/マイクロブラスト/液体クロマトグラフ質量分析装置/耐ノイズ試験器/高性能粉砕器/振動フルイ機/テンシプレッサー)

P8
平成17 年度出願の特許を紹介します(糸状菌およびその用途/リン添加酸化チタンゾル溶液の製造方法/防汚性石材タイル/二輪車及びそれに用いるスタンド)
ダウンロード(1.5MB)

H18年度事業案内編

2006年5月
(平成18年度)

P1
困ったときは まず! 工業技術センターへ センター長 藤沼良夫
P2
困ったときの相談先一覧 各セクションのご案内
P3

ちょっと未来へのチャレンジ

P4
共同研究・受託研究-募集概要,Mgの茨城(茨城マグネシウムプロジェクト事業),産業連携による技術開発と企業支援
P5
つくば地区研究機関・大学との橋渡し,商品企画・デザイン開発支援
P6

伝統産業の人材育成(人材育成事業),試験や設備のご利用に当たって

P7

試験や設備のご利用に当たって(試験等の一覧)

P8
各機関へのアクセスとお問い合わせ
ダウンロード(732KB)

vol.4
工業・食品綴

2006年1月
(平成17年度)

P1
茨城マグネシウムプロジェクト推進中
P2
ナノ複合化による光半導体の高機能化
P3

紫外共鳴ラマン分光法によるタンパク質解析法の開発

P4
天日干しした煎餅はなぜ美味しいのか?を解明する研究をはじめました。
P5
分析評価チーム(残留シリコーンオイルの定量化)、茨城県自然博物館企画展への支援(自然博物館で菌類を利用した食品を紹介)
P6

特許紹介-エックス線遮蔽装置


vol.3
工業・食品綴

2005年7月
(平成17年度)

P1
マグネシウムの茨城へ
P2
茨城マグネシウムプロジェクト
P3

新規に導入した設備のご紹介(CVD装置、スパッタリング装置、ダイサー、マスクアライナ、電気化学測定装置、フローインジェクション)

P4
新規に導入した設備のご紹介(スピンコータ、ICP発光分光分析装置、広帯域紫外用振動分光装置、イオンクロマトグラフ、微分干渉顕微鏡)
P5
新規に導入した設備のご紹介(低温恒温器、遺伝子解析装置)、支援事例と研修のご案内
P6

工業技術センター職員のご紹介(センター長、副センター長、産業連携室、いばらきサロン、技術融合部門)

P7

工業技術センター職員のご紹介(技術基盤部門、先端材料部門、先端技術部門、食品バイオ部門、地場食品部門)

P8
特許紹介(環境温度低減装置、3軸力センサシステム及び動力操作装置)

H17年度
事業案内編

2005年5月
(平成17年度)

P1
ごあいさつ センター長藤沼良夫
P2
オンリーワン技術創出総合支援事業のご案内(技術提案活動事業、共同研究事業、研究開発者養成研修事業)
P3

産学官連携による技術開発と企業支援(ものづくり技術支援事業、産学官連携支援)

P4
後継者育成事業(結城紬・笠間焼き・清酒の研修)、技術相談や情報の提供
P5
つくば地区研究機関・大学との橋渡し、商品企画・デザイン開発支援
P6

依頼試験・設備利用について

P7

依頼試験・設備利用について

P8
お問い合わせ先・地図

vol.2
工業・食品綴

2005年1月
(平成16年度)

P1
技術提案型活動事業の紹介
P2
研究開発のサポート隊~チーム紹介 分析評価チーム、バイオマスチーム
P3

研究開発のサポート隊~チーム紹介 ウェアラブルチーム、県産木材利用チーム

P4
研究開発のサポート隊~チーム紹介 ユニバーサルデザインチーム、商品開発支援チーム
P5
研究開発のサポート隊~チーム紹介 酒品質評価チーム、乳酸菌利用研究チーム
P6

研究開発のサポート隊~チーム紹介 発酵大豆食品評価チーム、米菓研究チーム

P7
カメラ映像で情報を共有化 ネットワークを用いた生産現場における情報処理技術の研究
P8
アクチュエータ開発/衛生管理の研修 福祉機器の高機能化に関する研究、微生物管理チーム

vol.1
工業・食品綴

2004年7月
(平成16年度)

P1
技術情報誌の一新
P2
研究開発のサポート隊~チーム紹介
P3

3D-CADを利用した製品開発事例、ユニバーサルデザイン・3D-CADを知りたい方へ

P4
新規に導入した設備のご紹介1
P5
新規に導入した設備のご紹介2
P6

遺伝子組換え微生物、工場で使うとどうなる?

■一括ダウンロード


茨城県産業技術イノベーションセンター
〒311-3195 茨城県東茨城郡茨城町長岡3781-1 TEL029-293-7212(代)

Copyright 2018 Industrial Technology Innovation Center Of Ibaraki Prefecture All rights reserved.